Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://machinoekpt.blog82.fc2.com/tb.php/303-abbdc6d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

十三夜

まちのえきには、樋口一葉の「たけくらべ」の原稿があります。
先日まちのえきに訪れた方が、この原稿に感激しておられました。
今日も路地ギャラリーにいらして、まちのえきで一休みの折に語っていました。
「肉筆の原稿からは、一葉の筆の進め方からその時の一葉の感情、思い入れなどを感じることができると。
ここは書き急ぎ、ここはゆっくりと・・・と。
漢字の振り仮名からも、一葉の博学ぶりがみえると。」
そのうち、十三夜の話しになりました。
十五夜はよく知られていると思います。十三夜とは?
以前、雑歩庵主催でお月見の宴の時に勉強会をしました時、皆さんにお話ししましたが、十五夜の月と十三夜の月はどちらもお月見をしないと片見月(かたみつき)もしくは片月見になり、縁起が悪いという話しがあります。
中秋の名月はもともとは中国で行われていた行事だそうですが、十三夜の月見は日本独特の風習だそうです。
これにはいくつか説があるそうなのですが、本当のところはわかりません。いずれ改めまして…。
十三夜の月見は、一月前の中秋の名月の月見に対して後の月見と呼びます。

さて、お話しを元に戻します。
「どうして一葉が、十五夜でなく十三夜を選んだのか、ここに一様の思いがあると解釈している」と話しておりました。

前と後、表と裏、光と影、今まちのえき隣で開催中の『路地ギャラリー、路地の光と影』、の光と影も同様、すべて自然のことわりだと思います。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://machinoekpt.blog82.fc2.com/tb.php/303-abbdc6d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

dekunobo

Author:dekunobo
東京本郷菊坂
「山猫庵ラウンジ」は、一般社団法人東京動物環境支援協会のラウンジです。自主財源で運営し、公益的な活動をする拠点です。
本郷菊坂の路地、宮澤賢治や樋口一葉旧居跡近くにあります。

社会に動物環境福祉に関心を持つ機会になれば。
山猫庵での収益は、動物福祉、社会貢献に役立てています。皆様のご協力お願いいたします。企業の地域における社会貢献などご相談下さい。
パラレルキャリアとして経験を積みたい方、チャリティバザー物品等募集しています!
東京都文京区本郷4-33-11  
電話 03-3814-8728

最近の記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。