Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雑歩庵5年目

明日3月から、
雑歩庵は5年目に入ります。
まちのえきは、4年目に入ります。
皆様のお陰で、運営が続いております!
これからも引き続き、オープンコミュニケーションスペース・場作りを展開して参りますので、
今後もよろしくご支援ご協力をお願いいたします。
皆様に感謝いたします、
今が良い日でありますように。


スポンサーサイト

まちのえきは、自主財源で運営しています

本郷菊坂まちのえきは、
よく行政がやっているとか、
町会がやっているとか、
行政からの助成金でやっているとか・・・、
前を通る方たちも含めて、皆さん、勝手にそのように思い込んでいる方が多いようです。

本郷菊坂まちのえきは、NPO雑歩庵が運営している、
オープンコミュニケーションスペースです。
自主財源で運営しております。
会員の会費やサポーターの方をはじめ皆様からの寄付で運営しています。
実際には、寄付は足りません。
日本では、市民からの寄付だけで成り立つのは不可能だと言う人、
思っている人は多く、
オープンコミュニケーションスペースは、
行政がつくるものと思い込んでいる人も多いのでしょう。
残念ですが、
未だに官頼みの日本、行政にお願いすることが大好きな日本・・・、
市民が自分たちですべきことをしないで、
できることをしないで、
市民を信じないで、
この国はどうなってしまうのだろう。

私たちは、都会にオープンコミュニケーションスペース、場作りを展開しています。
市民として、自主財源で運営し、公益的な活動をする拠点が、まちのえきでもあります。
自分が何ができるのか、
明日、生きているのかは誰もわからないけれど、
生きていることを大切に、
生きているもの同士、生きることを大切に考えられるように、
コミュニケーションや新しい価値観を、
自分は変わることができると信じられるきっかけとなる場作りをしています。








菊坂将棋教室

いよいよ3月から
菊坂将棋教室がはじまります!
界隈の将棋名人たち(アマ6段など)が気長に丁寧に、
将棋を教えてくれます。

毎週土曜日
午後1時半~ 入門 まったく初めての方からどうぞ
午後3時半~ 初級

3月は体験教室です。
お気軽にお立ち寄りください。
お子さんもどうぞ。

教室:東京都文京区本郷4-29-14 堀江ビル1階 雑歩庵「居場所」(本田医院前)
    三田線 春日駅 徒歩2分  丸の内線 本郷3丁目駅 徒歩6分
電話:03-5684-1751

お問い合わせ
電話:03-3814-8728「まちのえき」
    もしくは 03-5684-1751「居場所」

雑誌に紹介?

関西方面からいらしたまち歩きの方が、
雑歩庵のまちのえきへいらっしゃいました。
なんでも、関西の方の雑誌に紹介されていたとか・・・。
関西の雑誌の件は聞いていないのですが?
今までも、何の連絡もなく、本等に掲載されていたことはありました。
どんな雑誌だったのでしょう?

今日は、昨日と比べて風も穏やかな一日でした。
風の強い日は、埃や葉が中に入って来て、掃除も大変です。
お掃除好きの方がいらっしゃいましたら、是非、まちのえきをお手伝い下さい!

着付け教室

ひとりで、着物を簡単に着られるようになりましょう!

3月から「着付け教室」はじめます。
毎月第2.4日曜日午後6時~7時頃

場所:「居場所」 東京都文京区本郷4-29-14 雑歩庵「居場所」 三田線春日駅2分
会費:1回  1.000円
持ち物:着物用下着
*着物と帯はお貸しします。
(着物の販売などはありませんので)
講師:文京区在住の素敵なデザイナーさん!

着物を通して、四季折々の楽しいお話しも・・・日本文化に触れましょうか。
立ち居振る舞い、所作が美しくなります。

お問い合わせ・お申し込み
「まちのえき」03-3814-8728
「居場所」03-5684-1751


強風!

青い穏やかなお天気から一転、
東京は強風!
まちのえき前の菊坂下道には、界隈のゴミバケツ、物干し竿などが転がってきました。
まちのえき前に出していた植木鉢や照明を中にしまい、
ワゴンも中に入れて、
風対策・・・。
ガラス戸の向うからは、
風の音が響いてきます。
空き缶が転がる音もしています。
こんなお天気の時、
猫や鳥や虫やら、皆それぞれに、どこに行っているだろうか。

卒業おめでとう

無事に卒論を提出、発表が終了しましたと、
連絡がありました。
昨年、まちのえきでアンケート調査を行った学生からです。
今後は修士に進むそうです。
人生、一生勉強。
ご連絡下さりありがとう。


雑歩庵の理念は、命の尊厳。
今生きていることを大切にして欲しい。
ライフワーク、という言葉が頻繁に飛び交っています。
私たちは、ライフワークとは、「生きる」ことを中心に考えた生活だと思っています。
生きることを中心に考えた生活習慣の構築。
自分が生きること、
命のありようを、
大切にしたいと思います。
自分だけでなく、
全てがつながっていることを感じること。

窓から鳥がみえれば、その鳥の姿から遠く海を越えた地を、
鳴き声からは、季節を、繁殖期を、
その様子からは、山の姿も見えてきて、
蝶が舞えば、
どこに食草があるのだろうかと探しに行きたくなったり、
猫が鳴けば、
どこから来たのだろうかと見つめてみたり、
その様子から人ととの関わりも見えて来て、
まちのえきの戸を開ける人の様子に、
前を通る人々の姿に、
毎日変化する子どもの表情、姿、歩き方・・・
人は変わることができることを信じ、
自分は何ができるのかと、
不安になったり、拳を握りしめたり、
わからなくなれば、
足もとの草や猫が教えてくれる、
きちんとコミュニケーションをとれば、
小さなことにこだわることなく、
否定することなく、
新しい領域に歩めれば。









おめでたいマフラー

08.2 umezu2

08.umezu 1

楳図かずお先生!

紅白のおめでたいマフラーと帽子を身につけて下さっているのは、
楳図かずお先生です。
雑歩庵の手編みのボランティアをしているFさん手編みの品です。
Fさんからいつものように赤白ボーダーの暖かそうな作品が届きました。
あるスタッフが、
「楳図かずお先生に似合うと思う!」
さて、縁あって、無事にマフラーと帽子は先生のもとに・・・。
先日、写真が届きました。
楳図先生ファンのスタッフは、子どもの頃、マンガを読んでどれだけ怖い思いをしていたかを力説。
いっぺんにその頃にもどっていくような様子でした。
dekuも、読んでは押入れに隠してしまい、二度と読めないようにしては、
怖くないぞ・・・、とふるえていたっけ。

写真は、まちのえきで大切にいたします。
楳図かずお先生、ありがとうございます。

Fさんは手編みの素敵なマフラーや帽子を編んでは、まちのえきへ届けてくれます。
作品は、大切な収益となっています。
今日も、暖かそうなマフラーと帽子などが届きました。

いろいろな縁がつながって、目にはみえないすてきな作品が出来上がっていっていくような気がします。
いつもありがとう。

グワシ!

着付け教室

3月より、
「居場所」では、将棋教室だけでなく
「着付け」の教室も始めます。
第2、4日曜日、6時から7時過ぎまで。
自分で着物を着られるようになりましょう!

お問い合わせは、
まちのえきまで。
電話 03-3814-8728

日経マガジン効果!?

今日は、日経マガジンを見ました、
というまち歩きの方がいました。
次の目標という場所を教えましたが、迷わずに着いたでしょうか?
暖かな日でした。
界隈の方からお饅頭の差し入れをいただき、
一休み・・・。
昨年いただいた白梅は満開です。

小さなラン展

まちのえきでは、小さなラン展を開催中です。
ランをあしらった小物やスカーフなどを販売しています。
バティックのスカーフは、全てまちのえきでしか購入できないもの。
イカットもお勧めです。
ドームのラン展より静かにランのお話しをしたい方はどうぞお越し下さい。
バティックの制作に興味のある方もお知らせ下さいな。



日経マガジン

本日の日経マガジン?48に、本郷が紹介されています。
その中に、まちのえきのことも掲載。
山猫庵が写真とともに登場しています。
写っているのは「夏野」くん。
遊んでもらってご機嫌な様子です。
本郷菊坂、猫はいろいろな人によって命をつなぎ、
人も猫によって大切なものを教わっています。


暖かな陽射しの中

本日は、東京にある高校の父兄の方々が文学散歩に本郷を訪れ、
まちのえきに寄って下さいました。
まちのえきの説明をすることとなり、
いろいろと裏話を披露したり。
皆様、まちに関心を持って下さったようです。
どうぞまたお越し下さい。

今日のお昼は、界隈に住む方が手伝いに来て下さり、
陽射しの暖かな中、ゆったりと時は過ぎて行きました。

界隈のおばあちゃんたち、
「ねえ、白山通りに、種をまいてあります・・・って書いてあるけど、
鳩がたくさん来て、種を食べちゃうみたいよ! さっき、追っ払っておいたけど。
きっと、鳩、字が読めんのよ。次は暗号で書いたら!」

はい、次は暗号で書こうっと!
ありがとう、界隈のおばあちゃんたち。
鳩もご飯探しに必死かな。


白山通りの環境整備をしているのですが、
球根や種蒔きもしています。
もう芽が出ているもの、これからのものといろいろあります。
その中で、いっこうに、芽が出ていないものも・・・!
鳩のお腹の中?

詩集

ある詩集が、まちのえきに届きました。
ひとりの青年が入って来まして、
背中のザックの中から、小さな詩集を出しました。
「詩集をつくってみたものの、なかなか売れずに、難しいものですね」
何回か繰り返し聞いて、聞き取れました。
2冊、寄贈して下さいました。

まちのえきに入って話すのも勇気がいったことだろうと、思います。
水色の詩集は、まちのえきにあります。
お読みになりたい方はどうぞいらして下さい。

まちのえきが、少しでもお役に立つのなら、
何かしたいと願うのなら、
勇気を持って、いらして下さい。

路地を駆け抜ける?

朝は、出かけるまでの間、テレビを付けたままにしていることが多いです。
リモコンで番組を変えながら・・・。
先日、テレビ朝日のやじうまプラスに目がとまりました、
走りながら(マラソン?)、お勧めのコースを紹介しているコーナーなのかどうか、
そこで、本郷を紹介していました。
見ていますと、そのうち菊坂界隈が出て来て、
ランナー役の女性(アナウンサーさん?)が、一葉の井戸の先にある階段を駆け抜けて行きました。
この井戸の辺りは、昭和も初期の建物が続き、
狭い、路地の風情のある所です。
樋口一葉が暮らしており、
彼女が使っていたという井戸が今も形を変えて残っています。
入口にも「近隣の皆様の迷惑にならないように・・・」という説明が書かれています。
ここを、何の説明もなく、駆け抜けて行きました。
他の番組では、近隣の迷惑にならないように見学を、とか
静かに見学を・・・との説明が加わることが多いのですが、
この日の番組では何もありませんでした・・・。


新しく「まちのえき」

「路地ギャラリー」では、「まちのえき」が新しく整い、スタートしています。
レンタルスペースも引き続き受け付けていますので、いつでもご連絡下さい。
手工芸品からアートまで、販売もご相談ください。

「本郷菊坂まちのえき」は、以前より、一休みするスペースが広がり、
映像もゆっくり観られると評判もよいようです!?
今日の映画は「晩菊」。

外は寒いので、戸は閉まっていますが、
どうぞ開けてお入りください。
ガラス戸から覗いて、気になるままに通り過ぎてしまわずに、
心を置いたままにせず、
お入りください。

将棋教室

「まちのえき」では界隈の名人たちが将棋をよく指していますが、
「居場所」では、
将棋教室が開かれることになりました!

入門編、初級編と、界隈の将棋名人たち(アマ6段など)が気長に丁寧に、
将棋を教えてくれます。

「居場所」は、まちのえきから歩いてすぐ、本田医院の前、菊坂下道にあります。
ボケ防止に、暇つぶしに?、頭のトレーニングに、趣味に・・・と、
子どもからご年配の方まで、どなたでも参加できます。
山猫庵の冬も時々参戦か?

お問い合わせは「まちのえき」までどうぞ。
TEL 03-3814-8728

鍵を忘れて

界隈の小学生がランドセルを背負ってやって来ました。
いつもは必ずランドセルを家に置いて遊びに来るのに、どうしたのかと思いましたら、
鍵を忘れて、家に入れないとか・・・。
外は雪が降っている寒い日です。
お母さんが帰るまで、宿題をしながら待つことに。
数年前、家に誰もいなくて、寂しくて「居場所」にやって来た時はまだ小さくて、
絵本を読みながら眠ってしまった子が、
今日は宿題をして、その後猫と遊んで、家に帰って行きました。
すっかり大きくなったその姿はまぶしいほど・・・。
ああ、うれしい。

まちのえき大移動!?

今日は、まちのえきの機能を「路地ギャラリー」「居場所」に移すべく
力仕事!
そんな最中も、界隈のご老人達が将棋を指しに来て下さったり、
一休みしに来て下さったり、
山猫庵には、相談が入ったり、
落ち着く暇なく、仕事は終わりません。

立春の今日、これから新しい年が始まります。
人に意識を変えてもらいたいなら、
少しでも社会に関心を持ち、考え行動して欲しいと思うなら、
自分の意識を変えることができなければ、
何も始まらない。
さて、またはじまりはじまり。

まちのえきリニューアル

今日、東京は朝から雪で、本郷はほんの少し積り、
雪かきをしました。
寒い日に、大掃除の今日、明日です。
実は、「まちのえき」のある場所は、今後は、
山猫庵・文京動物環境支援協会の事務所として機能することとなります。
その為に、今日、明日とリニューアル、準備中です。
「まちのえき」の機能は、土日祝日は「路地ギャラリー」で、
平日は「居場所」にて引き続き行われますので、ご安心下さい!
「えき」は移動するンです。
今までの「まちのえき」より、広くなりますので、
多くの方にご利用いただくことができます。
「路地ギャラりー」は、従来通り、貸出しておりますので、
ご安心下さい。
先日は、落語を楽しむ場として借りたいというお話しもありました。
路地ギャラリーとして使われている時は、「居場所」が「まちのえき」になります。

今後ともオープンコミュニケーションスペース「まちのえき」をどうぞよろしくお願いいたします。


さて本格的に、山猫庵をパワーアップさせます!
縁あって昨年始めた山猫庵です。
これからは、「まちのえき」の場所を、山猫庵事務所として、
猫や犬などの動物相談、地域猫についての相談など、
人と動物たちの共生をどう考え進めていったらよいか、
多くの皆様と取り組んでいかれる場として、
困っている方が気軽に相談できる場として、
充実して活動できる場として、力を注いでいきたいと思っております。


人は信じることが不得手で、素直になることが苦手で、
コミュニケーションをなかなかとれません・・・。
だから、都会には「まちのえき」オープンコミュニケーションスペースが、今後ますます必要となっていきます。
一人でも多くの方に関心を持っていただけるように。
オープンスペースは、役所がつくるものと思っている方は多いはず・・・。
市民が市民として信じあえ、成熟した社会であるために、
私たちは、役所ができないこと、作れないものを、
市民の力でつくっていかなくてはならないと思っています。
「まちのえき」も「山猫庵」でも、一緒に歩むことができる方を求めます。
また平日の事務所スタッフも募集しておりますので、よろしくお願いいたします。

2月

今日から2月、
カレンダーをめくり、
深呼吸。
白山通りの沈丁花は、昨年植栽。
ですが、
自転車が倒れたり、人の踏圧で、枝が折れ、
白花は花をつけず、
赤花は、枝をテープで補強しましたので、今年は花の香りが漂うでしょう。
別の場所に移植しようかとも思いますが、沈丁花は植替えを嫌います。
足もとの小さな生きものにも心配りが欲しいなあ、と思います。
朝、時間の余裕もなく、自転車を置いて行くのでしょう。
そこは駐輪禁止地区。
風の強い日は、よく自転車は倒れて、草花や樹木を傷めます。

香りがすれば、少しでも気に留めるようになるかと思い、
植えた沈丁花でしたが、
世の中、そんなに甘くない・・・。
また繰り返し。

Appendix

プロフィール

dekunobo

Author:dekunobo
東京本郷菊坂
「山猫庵ラウンジ」は、一般社団法人東京動物環境支援協会のラウンジです。自主財源で運営し、公益的な活動をする拠点です。
本郷菊坂の路地、宮澤賢治や樋口一葉旧居跡近くにあります。

社会に動物環境福祉に関心を持つ機会になれば。
山猫庵での収益は、動物福祉、社会貢献に役立てています。皆様のご協力お願いいたします。企業の地域における社会貢献などご相談下さい。
パラレルキャリアとして経験を積みたい方、チャリティバザー物品等募集しています!
東京都文京区本郷4-33-11  
電話 03-3814-8728

最近の記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

01 | 2008/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。