Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一個人

現在発売中の
「一個人」7月号(KKベストセラーズ)に、まちのえきが紹介されております。
今年に入りまして、
小田急の友の会紙などに掲載されたり、ゆずのCDジャケットの協力や若手のシネマ撮影の協力等、まちのえき界隈は静かにいろいろな形となって紹介されています。
先日は、浴衣の撮影に協力、来月発売の月刊誌にまちのえきが登場します。
またご紹介します。

東京の路地は少なくなってきており、懐かしい在りし日の東京を求めるのでしょうか・・・。
菊坂界隈の路地も、来てみますとわかる通りマンションが増え、長屋も新しく建て替わっている家も少なくありません。
それでも人が求める何かがこのまちにあるのでしょうか。

まちにとって大切なのは、景観が変わらないことではなく、古い建築物が保存されることでもないと思っています。
もちろん、残るのであれば、それは素敵なことでもあるでしょう。
それでも、まちは生きており、時は流れていきます。
単に建物を残せばよいのではなく、そこにコミュニケーションがなければ、何の意味もないのではないかと思います。
その場に、コミュニケーションがあるかどうか、まちに命の尊厳を感じることができるのかどうか。
もう一度考えたいと思うのです。

一葉の井戸を見に多くの方が訪れますが、菊坂のまちにあるコミュニケーションを感じることなく、単に「井戸見た」他に見る所は?と急いで行ってしまう光景に接する度に、菊坂は観光地ではない!と。
もちろん、単におしゃべりすることがコミュニケーションというわけではありません。
まちと少し語ってみるのも悪くないかもしれません。それはささやかな一瞬の時間かもしれませんが。
しかし、観光地、この観光地とて何をしてもよい所ではなく、恥のかき捨ての場でもなく、気をつけないと、まちが壊れてしまうことにもなりかねないと。
菊坂は観光地ではなく、人が今も暮らしているまちです。
単に古い家が残っているとか昔を感じるとか、そこから少し離れた視点でまちを眺めてみるのも、面白い発見があるかもしれません。
スポンサーサイト

ぬいぐるみ

4月好評だったぬいぐるみ、ブタ、オタマジャクシ、チクワ?など、肌触りのよいぬいぐるみ。
昨日また入りましたのでお知らせします。

動物グッズの収益の一部は、文京動物環境支援協会の活動費に充てられます。
よろしくお願いいたします。


踊る人々 埴輪

20070528171025.jpg


路地ギャラリーの前にあります埴輪を紹介します。
この埴輪を見た子どもたちが、
「踊る埴輪だ!」と言いながら歩いて行きました。
この埴輪は、つくば太郎さんからご提供いただいた埴輪です。
つくば太郎さん、ありがとうございます!

どうやら「踊る人々」という埴輪があるそうで、
子どもたちは、教科書に書いてあったと言って行きました。
今、東京国立博物館でも展示中だそうです。
埴輪について少し調べてみましょうか。

踊る埴輪に会いに、路地ギャラリーまでどうぞお越し下さい。


回向院

今日、午前中は回向院に出かけておりました。
回向院は、今からおよそ350年前の明暦3年(1657年)に開かれた浄土宗の寺院です。
実は文京区本郷とはとても縁が深いのです。
回向院のHPからご紹介します。
 「この年、江戸には「振袖火事」の名で知られる明暦の大火があり、市街の6割以上が焼土と化し、10万人以上の尊い人命が奪われました。この災害により亡くなられた人々の多くは、身元や身寄りのわからない人々でした。当時の将軍家綱は、このような無縁の人々の亡骸を手厚く葬るようにと隅田川の東岸、当院の現在地に土地を与え、「万人塚」という墳墓を設け、遵誉上人に命じて無縁仏の冥福に祈りをささげる大法要を執り行いました。このとき、お念仏を行じる御堂が建てられたのが回向院の歴史の始まりです。
 この起こりこそが「有縁・無縁に関わらず、人・動物に関わらず、生あるすべてのものへの仏の慈悲を説くもの」として現在までも守られてきた当院の理念です。」
振袖火事の起きた本妙寺は、本郷にありました。

 回向院には、多くのさまざまの動物の慰霊碑、供養碑があります。諸動物の供養が行われております。
以前は、ペットではなくとも、道に死んでいた諸動物の亡骸を見つけた人が自然の行為として、供養してもらいに来る人も多かったそうです。


 先日、生まれたばかりの仔猫を保護し、病院で看てもらっていましたが、そのうちの1匹が急に具合が悪くなり旅立ってしまいました。
 名前「春野(はるの)」、メス、赤虎、生後約26日、280グラム、平成19年5月26日没
 今日の4時に、回向院にて合同葬にて荼毘にふされます。
 
 回向院の霊安室には、大小の棺が、仏様のそばに並んでいました。
 大きな棺に別れを惜しんでいる家族もおりました。
           合掌

 

金魚

先日から、まちのえきには3匹の和金の親子がいます。
今までい場所にいたのですが、まちのえきにお引越ししました。
この和金は、そもそも本郷小学校の子どもたちが持ってきたものですが、実は、学校が春休みになるので学校で飼えないからと、先生が子どもたちに持たせたようです。
困った子どもたち、家では飼えない・・・、そこで雑歩庵前に捨て金魚したというわけです。
バケツに入って泳いでいる金魚が2匹。
次に子どもたちが来て、きちんと事情を話すまでは、バケツに入れたままにしておきました。
子どもたちは「面倒をみるのでここで飼って下さい」と約束し、それから雑歩庵で飼うことになったのです。
そのうち子どもが産まれ、3匹の親子になりました。
数年経ち、子どもたちは約束通り面倒を見ることはなくなりましたが、
今も時々観にやってきます。
どれが子どもの金魚かわからなくなるほど、大きく育ち、元気のようです。

生きものを飼うといことは、かわいいだけではありませんので、面倒をみるこちらの覚悟も。
彼らは毎日餌を食べ、フンをし、時には病気になったりしながら生きています。
歳をとっていきますのから、高齢になれば面倒も大変になるでしょう。
よい時ばかりではありません。
それでも、命の尊さを彼らは教えてくれます。
たくさんの喜びも悲しみも教えてくれます。

思えば、雑歩庵には、迷いカメや金魚、仔犬、仔猫などがやってきました。迷いカメの飼い主は見つかりました。飼っていた方は、長雨でいなくなってしまったカメを探していたのです。
まちのえきでは、今は、仔猫4匹の里親を探しています。

菊坂界隈には、捨て猫を飼ったり、保健所で処分されるところだった犬を飼ったりする家も少なくありません。大切な家族の一員となっています。
保護された生きものの飼い主になるということ、あらためて考えてみませんか?


バッタ

昨日から、まちのえきにはバッタがいます。
昨日ベンチの下に、ショウリョウバッタがいるのに気がつき、
そっと外の植え込みに逃がしました。
今日、引き戸の上に、ショウリョウバッタがじっと居続けるのに気がつきました。
ほとんど動かず、何をしているのでしょうか?

オンブバッタやショウリョウバッタは、界隈でもよく見かけます。
トノサマバッタと違って、道端の草にも見られる愛くるしいバッタです。
バッタと言えば、のっぽさんの歌で「グラスホッパー物語」があります。のっぽさんの番組を観ながら育った私は、この歌には大感激しました。映像の中、バッタの生きているという躍動感が感じられ、一緒に飛び跳ねたくなります。
思えば子どもの頃からのっぽさんのお陰で、ずいぶんともの作りの楽しさや面白さ、そして何かを感じたり、感動したり、わくわくするような時間を過ごすことができました。

ショウリョウバッタは、何をしているのだろう。

強い日差しの中

今日はお天気よく、気温も上昇、
道行く人は暑そうです。
先ほど、小学生が「かわいい?」と、お気に入りなのでしょうか、スカートを見せに立ち寄って行きました。
「背が高くなると、かわいい服がなくなっちゃう」と言うのですが…。

日差しが強い中、弓町にお住まいの方や、以前台町に住んでいたという方が続けてみえ、昔のまちの様子を教えて下さいました。
今のようにまち歩きの人がやって来るなんて思わなかった、とお話しになっていました。

今日の菊坂界隈、朝は学生さんの団体が、
午後は、少人数の方々の散策が目立ちます。

こねこの様子を

病院にいる子猫たちの様子をみて来ました。
20070523132749.jpg


20070523132803.jpg


2匹ずつ、ゲージに入っています。
みな、ミルクをよく飲み元気ということでした。
1ヶ月ほどは病院にいることとなります。
里親を募集しています!

猫もまちの問題

昨日の写真の子猫は、大塚にお住まいの方から連絡があり、
私たちが捕獲しました猫です。
今は病院で検査、一時保育中です。
人間によって故意に移動させられたようですが、詳細はわかりません。
親猫は見つかりませんでした。

雑歩庵グループには、文京動物支援協会があり、ここで猫の問題も扱っています。
猫も社会における大切な問題と捉え、より多くの人に関心を持っていただければうれしいと思っております。
猫の好きな方も、嫌いな方も、そして関心のない方も、いっしょに、まちの問題として考えてみましょうか。

ご支援、ご協力、里親希望の方は、まちのえきまでご連絡ください。

こねこ

昨日捕獲した小さな小さな子猫は、今朝、病院に連れて行きました。
20070520154602.jpg


20070520154611.jpg


昨晩から今朝にかけて、4時間おきに哺乳瓶でミルクを飲ませ、
今朝病院に。
掌にのるほどの小さなからだです。
今のところ、2匹の里親になりたいという申し出があります。
今後、病院で猫をみてもらうことになっています。

里親になりたい方、ご支援下さる方など、まちのえきまでご連絡下さい。



子猫の里親募集します!

今日、まちのえきでは、
猫の乳飲み子(生後2週間ほど)を4匹、茗荷谷方面にて保護しました。
風邪を引いて目がグシュグシュしているようです。
病院にて治療後、里親に責任持って引渡し致します。

どうやら、誰か人間が故意に猫を親から離し、移動したようです…。
詳細はわかりませんが、親の姿はありませんでした。
文京猫ねこ愛護会のHPに猫の写真が掲載されています。
http://www.bunkyoneko.com/newpage5.html

今はミルクを飲んで、眠っては、またミルクを飲んで…と元気のようです。
里親になってくださる方は、文京動物環境支援協会の事務局のあります「まちのえき」まで、ご連絡ください。

まだ、4匹とも雌雄はわかりません。
よろしくお願い申し上げます。

小さな小さな猫に、取り急ぎミルクを哺乳瓶で与えていますと、界隈の方が集まって下さり、猫に詳しい方々は色々と必要な品を持って来て下さいました。
猫の小さな鳴き声を聞いて立ち止まって下さった方も多く、小さくとも必死に生きようとする姿に、周囲は祈るような思いでした。

今後も、文京動物環境支援協会では、地域猫の在り方を模索し、ともに生きるということを考えていきたいと思います。

一期一会

お昼ごはんにと、インスタントソース焼きそばをほおばっていたところに、おせんべいを買いにいらした方が・・・。
ひゃー、すみません・・・
前にも一葉せんべいを買って下さった方です。
これに懲りずにまたどうぞ。

九州から時々研修に来ていて、まちのえきに立ち寄って下さった方が、
今日もまちのえきに。
お昼休み中ということでしたので、お茶を淹れてお出ししました。
十一面観音なども散策中、お参りされたそうで、
本郷、路地界隈を楽しまれたようです。
帰り際、研修が終わったので、もう来られない・・・と。

おいしいお茶が淹れられたのかと、大変恥ずかしくなりました。

一期一会、常に、一期一会。

白山通り環境整備

雑歩庵では、毎週日曜日の朝、
西片交差点からオリンピック前までの白山通りの環境整備をしております。
道路の倫理向上を目的!
いやしかし、なかなか大変な道路事情、道路の現実があります。
掃除しても、タバコの吸殻は減らず、
植栽地にもゴミは投げ捨てられます。
これは東京都と契約しての活動ですが、
たくさん助成金が出ていると思っている方もおいでのようですが、
ほとんど雑歩庵で資金を出しています。
その資金には、賛同下さる皆様からの寄付が大きいのです。
以前より歩くのが楽しい道になったとの声も多くなりましたが、
これからも地道に続けて参ります。
この記録は、下記ブログにて紹介しております。
これからの計画もこのブログでお知らせいたしますので、
時々ご覧下さい!
「一葉 道草日記」
http://zappoan-michi.cocolog-nifty.com/blog/

青空

ようやく雨が小雨となり、
青空が見えてきました。
雨の中、まち歩きの団体さんも多かったようです。
青空の下の雨上がりの匂い、
梅雨の足音もそろそろ聞こえてきそうな頃、
菊坂界隈の路地を歩く方は、何を思うのでしょうか。
いつも団体さんであっという間に通り過ぎていく方々、
何をしにいらしたのかしら、
文学散歩と言いながら菊坂の路地に来て、
いったいどんな物語を思い浮かべているのかしら、
一葉の井戸をみた、
旧質屋さんをみた、
・・・
ああ、せめて菊坂の人たちが丹精込めて育てている花を折らないで、
鉢を倒さないで・・・
お行儀悪く写真を撮らないで・・・

deku

山紫陽花

昨日、つくば太郎さんから、山紫陽花をいただきました。
まちのえき前で花を咲かせています。
ひっそりとした楚々とした山紫陽花、花が終わってから、
白山通り植栽地に植えましょうか。
環境に合うとよいのですが。
山を歩いていて、園芸種のハイトランジアの紫陽花に出会うと、興ざめがすると言っていた方がおりました。
どちらの紫陽花も素敵な花ですが、
自然の野山で園芸種があるのは、鳥が運んだものもあるでしょうけれど、
人間が勝手に植えてしまうこともあるようです。
場所によっては、厳しく規制されている所もあります。
そのエリアの生態系のバランスを崩すかも知れないからです。
お気を付け下さい。
人が手を入れることの影響は、気がつかない所にまで波及します。

私たちの冒険

先日、子どもたちが、
「わたしたちの冒険!」と言いながら、一葉の道を走って行きました。
あららと見ていましたら、
少しして、お母さんらしき人が、
「今、子どもが通って行きませんでしたか?」と。

まちのえきでは、よく
「子どもが通りませんでしたか?」という質問があります。

お母さんは後を追いかけ大変・・・
でも子どもが走り回る姿が、一葉の道から消えないことを祈りつつ、まちのえきでも子どもの様子を見守っています。


どんぐりころころ

まちのえきで、どんぐりの歌には3番まであると
教えていただきました。
私は2番までしか知らず、なんとなく悲しいようなはかないような
歌のイメージがありました。
どんぐりがどじょうを困らせたままのお話しではなかったようです。
3番目の歌は伝承とか、こりすが落ち葉にどんぐりをくるんでお山に帰すそうです。

どんぐりの歌には、いろいろな説もあるようで、
この3番目の歌は、伝承ということですが、
もしかするとその他の詩の3番もあるのでしょうか。

立て看板、ありがとうございます!

本日、つくば太郎さんが、白山通りの環境整備にご利用くださいと、
フェンスに続いて手作りの、それは素敵な「立て看板?掲示板」を
持って来て下さいました。
明日、白山通りの活動日。
先週は雨で延期となりましたので、明日フェンスと一緒に立てることにいたします。
取り急ぎ、お礼をブログで!
ありがとうございます。
明日以降、皆様も西片から小石川の白山通り植栽地を見てみてください。

菊坂の天才犬?

朝、菊坂に住む犬が、
ウォーン、ウオウオ・・・・・・・
いつもとは異なる鳴き声をあげていました。
どこの犬かと思っていましたら、
菊坂界隈に住むいつも会う犬で、
この鳴き声には飼い主の方も驚いたとか。
「たけやー、さおだーけーー」の声に続いて、
犬が鳴き出したそう。
真似たのか、さおだけの声に何か反応したのか?
もう一度聞くことができるかしら?
ともかく、菊坂の天才犬です。



名人戦

まちのえき前では、
只今、縁台将棋の名人戦が。
界隈の方も交えて、その行方を見守っています。
今日は風も強くなく、
縁台将棋にちょうどよい気候で、
ビールを片手の見物もなにやらひとつの景色のようで、
菊坂、路地界隈の名人戦は続きます。



路地ギャラリーをご利用の方へ

路地ギャラリーの概要は、

概要
会期 水曜日~月曜日 6日間
時間 10時~18時
料金 30000円
その他 期間、時間など要相談(週末のみ、平日のみの期間にも対応します)

レンタル展示スペース  7.7坪  4.3×3.8m×2.4m(h)   (トイレ、水場は別)

交通 都営三田線「春日駅」徒歩5分  大江戸線「春日駅」徒歩6分  東京メトロ 丸の内線「本郷3丁目駅」徒歩7分  「後楽園駅」徒歩6分 

お申し込み、お問い合わせは、「まちのえき」までお願いします。
東京都文京区本郷4-33-11
tel  03-3814-8728
m  machinoeki@cpost.plala.or.jp

路地ギャラリー 作品募集

菊坂まちのえき隣に、
新しく「路地ギャラリー」をオープンすることとなりました。
予定は5月27日(日)からです。
こけら落としとして、「路地」をテーマにした作品展を行いたいと思っております。
展示作品を募集しております。

「路地」がテーマであれば、
写真でも絵画でも、陶芸、布、何でも結構です。
期間は、5月27日(日)から6月3日(日)の予定です。

まちのえきまでお問い合わせ下さい。
03-3814-8728

今後は、皆様の作品を紹介するオープンコミュニティスペースとして、
多くの方々がご活用下さるような場にしていきたいと思っております。

路地ギャラリーのスペースは、7.7坪ほど。
これから内装工事が入る予定です。

研修

研修で、まちのえき近くに時々来ている方が、
まちのえきに立ち寄って下さいます。
本日、強風の中にもかかわらず、いらして下さったようです。
ちょうど所用で出かけておりました。
またお目にかかりましょう。
毎回、東京へは飛行機に乗って?
deku

しお せんべい???

近くの顔なじみさんが、
「しおせんべいちょうだい」と。
しお?
えーっっと?

私の聞き間違い、
一葉・・・でした!

路地ギャラリー スタッフ募集!

まちのえき隣、路地ギャラリーは、
5月27日(日)オープン予定です。
どんな姿に変わるでしょうか・・・?

路地ギャラリーでは、スタッフを募集しております。
路地が好きな方、
まちが好きな方、
アートに興味のある方、
人が好きな方、
何でも興味のある方、
生きもの好き、
芝居好き、
時には喧嘩好き、
お酒好き、
・・・

お問い合わせ下さい。
雑歩庵  03-5684-1751
まちのえき  03-3814-8728

ばっかやろう

一葉の道幅は3メートル半しかありません。
そこに人が通り、車の往来もあります。
菊水湯から児童遊園に向かっては車は通り抜けはできません、よく間違えて車が入って来ては、バックして戻る光景が頻繁ですが。
一葉の道、菊坂下道は、譲り合いながら人と自転車、自動車、車いすなどが通ります。
まちのえき前に、自転車を、道をふさぐように停める方がいました。
よくよく注意願います。
道が、まちのえきの庭でしたら、よろしいのですが、
一葉の道は、毎日延べ600人の人が往来し、
その中には、年配者や子どもも多いのです。
道は、社会の場です。

注意したら、「偽善」との言葉が返ってきましたが、
まちのえきは、怒って怒鳴ることもあります。
!!!
deku

菊水湯の音

菊水湯からはお湯の音や桶の音、
おしゃべりする声も聞こえてきます。
たくさんの響きあう音…
石鹸の匂い…

昨日は、修学旅行生達が入っていたようです。
楽しそうな声が響いていました。
愛知から来たそうで、今日はディズニーランドの予定とか。
今頃、楽しんでいるでしょうか…

薔薇

菊坂界隈、一葉の道にはたくさんの植木鉢が並んでいます。
今は、クレマチス、紫陽花、羽衣ジャスミン、薔薇…
今日は、まちのえきにも深紅の薔薇が生けてあります。
イングリッシュローズのぽってりとした薔薇の花は、朝、家で咲いていたのを摘んで来ました。
重たげにたわわに咲いています。
子どもの頃、飽かずながめた画集には、何種類ものオールドローズが描かれており、その当時は花屋さんや植物園でも見ることのなかったオールドローズの薔薇の花。
今は、苗もたくさん出回っており、まちを散策しながらながめる機会も増えました。
まちのえき前でも、一鉢育てましょうか、どうしましょう…。


告知

お昼過ぎに、時々遊びに立ち寄る幼稚園の男の子とお母さんが一休みにみえ、
興味いっぱいの男の子は、見るもの何でも楽しい様子。
下水道工事が終わってから、文京区にお住いという方が、まちのえきに。
今日は、偶然に一様の道を歩いてみて、まちのえきを見つけて下さったとか。
まちのえきのような、人の集まる場所を夫婦で作ろうと思っていたそうです。
残念ながら、ご主人は病気で亡くなられたそうです。
「人生は予定通りにはいきません…」
病名を告知するか否か、
そんな話しにもなりました。
子どもの頃の楽しかった思い出や、万歩計をつけて散歩する楽しさ、文京区のまちの移り変わりなどおしゃべりをし、
1万歩目指して歩いて行かれました。

再び下水道工事の日は暑くて・・・

本郷菊坂まちのえきななめ前の下水道工事、
午後過ぎに終わりました。
車の通行を止めての工事は、実は前回ミスがあり、今日はそのやり直し…。
本日無事に?終了したようです。

今日は、晴天、気温も上昇し「暑いあつい」との言葉が交わされています。
明日の天気は、東京は午後一時雨で、気温も今日より低いとか。
傘が必要でしょうか。

Appendix

プロフィール

dekunobo

Author:dekunobo
東京本郷菊坂
「山猫庵ラウンジ」は、一般社団法人東京動物環境支援協会のラウンジです。自主財源で運営し、公益的な活動をする拠点です。
本郷菊坂の路地、宮澤賢治や樋口一葉旧居跡近くにあります。

社会に動物環境福祉に関心を持つ機会になれば。
山猫庵での収益は、動物福祉、社会貢献に役立てています。皆様のご協力お願いいたします。企業の地域における社会貢献などご相談下さい。
パラレルキャリアとして経験を積みたい方、チャリティバザー物品等募集しています!
東京都文京区本郷4-33-11  
電話 03-3814-8728

最近の記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

04 | 2007/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。