Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大掃除の後に

今朝は白山通りの環境整備から雑歩庵各所の掃除です。
掃除後に鯛鍋で乾杯!
居場所では、将棋名人たちが将棋を。

今年もお世話になりました。
明日以降も、仕事で度々来ることになりそうです、何かありましたら
お声をおかけ下さい。


スポンサーサイト

菊坂界隈のこどもたち

菊坂界隈は今日も強風、
まちのえき前のお宅の植木は倒れてしまいました。
掃いても木の葉がすぐ飛び交い、明日の掃除にすることに。
洗濯物が風に翻る様子がなんとも気持ちよく見えます。

近くの本郷4丁目児童遊園が改修後に遊具がすべり台しかなくなってしまい、こども達はがっかりしていたのですが、遊具設置に複数の要望があり、本日、馬の乗り物(スプリング)が設置完成。
朝から子ども達が馬に乗って嬉しそうです。

まちのえきには、先ほど界隈のこどもが乱入。
成績表に、お母さんには見せたくないことが書かれたとか・・・
私はバカだから、と。
ひとしきりしゃべり続けて帰りました。

まち歩きの方もちらほら見かけます。
一葉や賢治をお尋ねの方が何組か。

今日は一日、チャリティのお礼状やら年賀状などに追われてペンを走らせていますが、ああ、字がきたないこと。
何年生きてきたのやらと、やれやれ・・・



猫カレンダー

2007猫カレンダーは、予定数を完売いたしました。
ありがとうございました。
収益のすべてを、文京猫ねこ愛護会の活動に寄付いたしました。

『橋の下のこどもたち』

『橋の下のこどもたち』
読んだことがありますか?
ナタリー・サベッジ・カールソン 原作  ガース・ウイリアムズ 画
中川千尋 訳  フェリシモ出版

日本では昭和41年に出版され、その後ながらく絶版となりましたが、2002年に上記の日本語訳で出版されました。

雑歩庵のスタッフがまだ子どもの頃、母親から渡された一冊の本が、
『橋の下のこどもたち』でした。
クリスマスケーキを食べながら読んだそうです。
こどもの頃に読んだこの本をもう一度読みたいと思っていたそうですが、手に入らずにいたところ、再び出版されたことを知り、早速本を購入したのです。

以下、紀伊国屋BOOKWEBの紹介には、
<ノートルダム大聖堂のちかくの橋をねぐらにするアルマンじいさんは、おなじように橋の下にすむことになった3人きょうだいにでくわします。
しだいに4人はなかよくなりますが、きょうだいのおかあさんに見つかって…。
パリのまちを舞台に、いえのない人びとや、ジプシーたちをやさしく描く、こころあたたまる物語。>
とあります。
作者のカールソンは、
「私は、一見違ってみえるけれど、知り合えば、私達となんら変わらない、すべての人々に興味を持っています。そうした人達のことを、こどもの本に書くことで、未来の世界平和に、ちょっぴり貢献しているように思います。なぜなら、お互いを理解さえすれば、共感することも、許すこともできるからです」と。
中川千尋氏の訳者あとがきで紹介されています。

アルマンじいさんは、「あんたのほうが上等の人間かね? 正直だとしても、意地悪で、心が狭ければ、何の役にたつんだい」と。

この本は、こどもから大人まで楽しむことができるのではないかと思います。

異なることは異なることとし、そのまま認めることで、共に生きていく。多様な社会であるからこそ、違うこと異なることで争うことなどないような社会になっていく必要があると思っています。
自分と一見違うからといって、相手を簡単に忌み嫌うより、違うんだあと、違いを楽しむことができれば、人生はずっと面白いのでは。






再び強風の中で

雑歩庵まちのえきななめ前、家の改修工事が行われていますが、
囲いもなく工事しているため、木屑?埃が強風に乗って、辺りは
白くなっています。
お気をつけ下さい。

強風の中

昨日の大雨の翌日、台風一過のごとく東京本郷は晴れわたっています。
ただし強風、菊坂界隈に並ぶ植木鉢も倒れてしまうものも。
ご注意下さい。

白い少し太った猫が右前足を怪我しているよう。
どういう状態か確認しようと思ったのですが、隠れてしまいわかりません。野良猫のようですが、大丈夫かな?
前足以外に傷などはないようですが。

ALLWAYS 三丁目の夕日

本日午後1時から、雑歩庵の居場所『菊坂劇場』では、
『ALLWAYS 三丁目の夕日』を上映します。
チャリティシネマ会ですので、
入場は無料、ワンドリンク付き(今日はクッキー)
1口500円からのチャリティをお願いしております。

居場所 本郷4-29-14 堀江ビル 本田医院前

年末年始のお知らせ

年末年始のお知らせです。

12月27日 通常の営業
12月28日 通常の営業
12月29日 午前中営業(ただし清掃中!!! 9時から白山通り、10時から雑歩庵各所 皆さん手伝って下さい)

12月30日~1月4日 年末年始休業

1月5日 午後から営業
1月6日 通常の営業

よろしくお願いいたします。



クリスマスの翌日は

26日の東京本郷菊坂は大雨です。
朝からクリスマスツリーや装飾を片付けるのに忙しく、お昼過ぎにようやく落ち着きました。
雑歩庵のクリスマスツリーは5つあり、箱にしまうのも一苦労。
昨年のまちのえきのクリスマス用装飾は、生活デザインを学ぶ学生さん達が手がけてくれました。
今年は一葉忌が終わった翌日に、スタッフで飾り付け。
来年、クリスマスの飾り付けに興味のある方、是非! お手伝い下さい。

例年10月末のハロウィンから慌しく年末へ・・・。
遠方へと紅葉を楽しむこともままならないような状況です。
それでも足元の草紅葉にはっとしたり、界隈の鉢の樹木の色付きに季節の移ろいを感じます。
風も冷たく感じる頃、道には蝶が死んでいる姿も見かけます。
今朝、小雨の中、自宅の庭の隅に日本水仙を植えて来ました。
水仙の小さな分球がたくさんあり、花がまだ咲かないだろうからと、袋に入れて植木鉢の中に置いておいたのを忘れていました。
先日掃除の際に、にらのような葉をたくさん伸ばしている固まりに気付き、よく見ると小さな球根から根や葉を出して成長している日本水仙でした。
おそらく今年は花は望めないかもしれませんが、そのうち球根が肥えた年、花を咲かせてくれるでしょう。あまり日当りはよくない場所ですので様子を見ていきます。
まだ学生の頃、生け花で生けた土佐水木の枝を自宅に戻っても生け直すことなく小さなバケツに入れて置きました。その自然なままの枝振りがとても気に入ったので、水に入れて部屋の隅に。
数週間後、ふとバケツを見ると、それは小さな黄色い花が枝を染めるように咲いていました。
一瞬、息ができないほどに心が動いたのを覚えています。

雑歩庵では、居場所前やまちのえき周辺には、季節を感じるように、ささやかではありますが心がけています。







すでに雨降り

うっかりしました、すでに東京菊坂は雨が降り始めています。
傘を持たずに家を出た方も多いのでは?
明日の東京は一日雨のようです。
風邪など引かないように。

では皆に感謝を込めて、
今日のよき夜を。
明日、よいことがありますように。

マフラー

好評のまちのえきの手編みのマフラー。
北海道の編み物ボランティアさんから届いたマフラーはみな売れてしまいました。
今日の夕方、学生さんが購入していきました。
とても気に入ってくれたようです。
東京は暖冬とはいえ、風が冷たい毎日です。
明日から天気がくずれるそうですが、マフラーで温かく外を歩いてもらえれば。




帽子の似合う女の子

帽子の似合う可愛い女性が、ガラッと戸を開けて、まちのえきに見えました。
近くに住んでいるそうです。
また是非起こし下さい。
メリークリスマス!

富士吉田市

富士吉田市の男女共同参画推進室の方が、お礼に雑歩庵にお見えになりました。
羽成幸子さんがご縁です。
ご丁寧にありがとうございます。
素敵な講演会になって、多くの人が少しでも元気になると嬉しいです。
富士吉田市のカレンダーには、毎月、季節折々の富士山が美しく紹介されています。まちのえきにありますので、皆さんご覧下さい。

オープンハウス

23日のオープンハウスには、
界隈の子ども達、将棋名人達、他区の環境NPOさん、外資系のアナリストさん、近くの寮に住むアジアの留学生、邦楽を学ぶ女性、デザイナーでまちづくり屋さん、界隈の事業所さん、地方自治体の職員さんなどがお見えになりました。
残念ながら来られないと事前に連絡を下さった方など、皆様からのチャリティ寄付金や品などは、大切に社会に役立てたいと思います。

皆様に感謝いたします。

オープンハウスに用意しましたお料理は、全て、雑歩庵の代表が作りました。
雑歩庵で一番の料理上手です。
海外の方々とのパーティ経験が豊富なので、各国の料理に詳しいのです。
またオープンハウスで忘れてならないことに、宗教の問題があります。
宗教によっては、食べてはいけない物もあります。
オープンハウスは、誰でもいらしていただく日ですので、用意する時にはとても気をつけます。
もちろん、パーティの時にお料理を薦める際にも、気をつけなくてはなりません。
私もイスラム圏の国やインドなどでパーティに出席した時に、とても勉強となりました。

さて、お料理で一番評判となったのは、トムヤンクンでしょうか?
毎日食べに来たいと言った中国の留学生は、タッパーに入れて持って帰りました。卒業を控え、勉強に明け暮れる日々の中、時間を作って来てくれたようです。

午前中10時から夜の10時まで、皆様それぞれの時間にお見えになりました。
集まった方々とグリーティングをともに祝い、お話しをしながら食事やお酒を楽しんだのですが、オープンハウスは、今後、度々開こうと思っています。
まずは、来年2月半ばに餃子パーティをすることになりました。

国籍や宗教、領域を超えて、そして異なる意見を持つ者同士であっても、同じ場に集い、グリーティングを祝う。感謝する場をまちの中に作っていきたいと思っています。







嫌われ松子の一生

昨晩、テレビ放送の『嫌われ松子の一生』が最終回。
家を出る前に忘れずに録画しておきました。
このところ仕事に追われ、明け方に観ることに。
顔がぐちゃぐちゃになるほど泣いたお陰で、今朝はいつも以上にむくんだ顔でした。
映画はまだ観ていません。
原作も読んでいませんので、テレビドラマの松子しか知りません。
映画の松子役、中谷美紀のファンで、同じ監督の『下妻物語』の映画は5回ほど繰り返し観ていますので、早く映画館に足を運ぼうと思いつつ行かれないままです。
テレビの放送は、毎回観ることはできませんでしたが、5回ほど観たでしょうか。
最終回は録画しておきました。

松子は、特別な存在でもなく、きっと、誰もが松子になるかもしれないのだと思います。
それでも、松子のような境遇に会った時、強く生きられるだろうか・・・。
転んでも起き上がり、生きていこうとできるだろうか。
松子のばかなほどひたむきな姿勢に、余計なことなど考えることなく、泣き続けた明け方でした。

羽成幸子さんのこと

介護の達人として、書籍や講演などで活躍されています
羽成幸子さん。
以前このブログでもご紹介しましたが、まちのえきにメールでの
お問い合わせがありました。

羽成さんのお話しは、前向きに明るく生きていこうとする力をいただけると思います。
不思議だと思うのですが、生きる力を得られるのは、やはり前を向いて誠実に生きている証拠だと思っています。
以前雑歩庵で羽成さんの講演をした時、大変好評でしたが、
講演後の反応で、どちらかと言うと、後ろ向きの感想を持たれた方がいました。
同じ講演を聴いても、反応は異なります。これは自然なことですが、考え方が異なるということと、後ろ向きになることとは大きく違いますから。
「誰も羽成さんのように強くない。私は大病した経験からそんな明るくなれない。苦しい弱い人もいる・・・」
こんな感想をもらした方もいました。
その方は、今も、後ろを向いたままのようです。
聴く側の心の有り様が大きく反映されるのだと、つくづく感じた次第です。

人生山あり谷あり、七転び八起き、
転んだままではなく、起きていたいものです。

本郷ゆかりの文人達

昨夕、まちのえきには新しいテーブルが二つ入りました。
こんにゃくえんまのすぐ近く浅見家具さんにはお世話になっています。
昨日もすぐに届けて下さいました。

一つのテーブルは、丸テーブル。
皆で輪になっておしゃべりしながら話しが進みそうです。
お茶もおいしくなりそう。

一つのテーブルは、ガラス張り。
中には、本郷ゆかりの文人たちの初版本(復刻版)が入っています。
是非装丁をご覧下さい。

雑歩庵まちのえきでは対話を大切にしています。
おしゃべりと対話は異なります。
対話は、自分の言いたいことだけを伝えるのではなく、
相手の話を聞くことが重要です。
とかく、自分の都合のよい話し合いをすることを対話と言う人たちが
いますが、対話とは自分にとってのご都合ではありません。

まあ、そんあことはさておき、まずはお話しいたしましょうか。

『根の国の国たる津』

『根の国の国たる津』根津神社
著者 加瀬順一

加瀬さんが、12月30日発行の本を寄贈して下さいました。
今までも『千川上水考』『樋口一葉 私考』など寄贈して下さっています。
まちのえきにありますので、いつでもお立ち寄り下さい。

オープンハウス!!!

まちのえきは、12月28日(木)まで開いていおります。
29日(金)は大掃除です、ご協力お願いいたします。

年末の予定
12月23日(土)オープンハウス 「居場所」にて 
10時から21時まで
ドアは開いていますので、お好きな時間に、どなたでもいらしておしゃべりして下さい。
フリードリンク、フリーフードで、グリーティングを皆で祝うものです。
24日(日)雑歩庵 お休み
25日(月)から28日(木)通常営業となります。

年始の予定
1月5日(金)から通常営業となります。

よろしくお願いいたします。






一葉の道は工事中です

一葉の道は、ただ今、下水道工事中です。
昨日はガスの工事でした。
狭い道での工事です、通る方はご注意下さい。

一葉の道だけでなく、界隈は東京の古くから残る路地ですので、
道路工事をはじめ、すぐ修繕が必要となります。
まち歩きの方、路地が残って欲しいと願う方、路地を愛している方、
まちのえきで商品を購入下さると、収益は地元へも還元されます。



ねこグッズ

皆様のお陰でねこチャリティのカレンダーはほとんど在庫が無くなりました。
その他に、キャンドルやTシャツ、木彫りのねこの人形など、
収益は「文京ねこ猫愛護会」のねこの活動に充てることになります。
引き続き皆様のご協力をお願いいたします。
地域猫と言いますと、無防備に野良猫に餌を与えることと誤解される人も多いようです。
文京ねこ猫愛護会は、地域の猫の不妊・去勢手術、保護、里親募集等を行い、人と猫が平和に暮らせるまちづくりを目指しています。
決して無秩序に野良猫に餌を与える活動ではありません。
何かご質問などありましたら、bunkyoneko@rainbow.plala.or.jp まで
ご連絡下さい。

大掃除

界隈では、大掃除なのでしょうか、家のガラス戸やサッシを掃除する
お宅が・・・
お天気のよく、暖かな日に行うのが一番かもしれません。
雑歩庵の大掃除は、29日を予定しています。
お手伝いいただけます方、是非!

今日のまちのえきは、一葉さんを尋ねていらした方が何人か。
路地を写真に撮る方も。
個人の家を写真に撮る時は、一声かけて下さい。
びっくりしますので。

肩こり

今朝は、白山通りの環境美化緑化活動があり、
道路の清掃と植栽地の整備。
イチョウの木はとても美しく色付いていますが、
舞い落ちるイチョウの葉の掃除はなんと大変なことか。
竹箒の清掃もその後のイチョウの葉集めも、
体中が痛くなりました、肩こりが。
本日はお正月に備え、ミニ葉ボタンを植栽しました。
日本水仙がもう花開きましたよ。

そしてアメリカから出張で帰国したばかりのスタッフは、
アメリカでの食事が合わず、少し痩せて帰国・・・。

そして皆、肩こり!
まちのえきに、肩こり解消グッズを入れましょうか。
dekunobo

本郷の坂道

『本郷の坂道』
古屋行男写真集 現代写真研究所発行  2500円(税別)
今年の12月20日発行です。

今日、古屋さんが、1冊の写真集をまちのえきに届けて下さいました。
屋さんは、自分の育った文京区本郷を中心に、
坂道やそこに暮す人々を撮り続けています。
この写真集には、
顔見知りの界隈の人たちも登場しています。
坂道の不思議な魅力が感じられる写真集です。

おしゃべりできるところ

「ここは、おしゃべりできるところがよいですね」
若いお父さんは、そう言って帰って行きました。
まちの中に、どこに属しているのかなんて拘ることなく、
おしゃべりできる場、
それがまちのえきです。

☆ニットカフェ☆
明日から、まちのえきは、ニットカフェになることも。
編み物を編みたい方、どうぞいらして下さい。
dekunobo

ポーラエキスプレス

昨日からリニューアルしていました、まちのえきと待合室ですが、
まちのえきで販売、紹介していました商品などは、
隣の待合室にて販売することになりました。
新しく棚を付けたり、ライトを用意したりと、途中、
来客にも対応しながら、夕方までかかっていました。

まちのえきは、まち歩きからまちのあらゆる相談窓口として
受け付けますインフォーメーション、レセプションとして、
今までよりわかりやすくなったと思います。
こちらで将棋やお茶で一服もできますし、
今月中は、『ポーラエクスプレス』も上映しています。

また隣の待合室は、文京区縁の商品など販売中心として
機能します。
どうぞよろしくお願いいたします!
あらっ、ご近所の若い親子さん達がいらっしゃいました。

dekunobo

リニューアル

本日まちのえきは開いていますが、
まちのえきと待合室を今日はリニューアル中です。
さあ、どう変わるのでしょうか、
雑歩庵はNPOとして運営しています。
行政からの助成金は得ず、独立しています。
運営費を作り、まちにある問題解決の資金をつくるのは簡単ではありません。

チャリティでも値切ろうとする方が多いのは現状です。
日本では、教会やお寺のチャリティでも、安く物を買うために来る人が多いのも現状です。

組織としてよりよい運営のあり方を常に考え行動に移して行きます。

スモーク 菊坂劇場

路地の隠れ家 菊坂劇場のお知らせ
12月17日(日)15:00~
スモーク」(米・95年)
14年間毎朝同じ時刻に店の前で写真を撮り続けている煙草屋の店長オーギー、彼の馴染みの客で突然の事故により出産まもない妻を失って以来
ペンを持てずにいる作家のポール、彼が車に跳ねられそうになった所を
助けた黒人少年ラシードの3人を軸に、ブルックリンのとある煙草屋に
集まる男達女達の日常を、過去と現在を、嘘と本当を巧みに交差させながら進んでゆく。

ワンドリンク付きです。
予約優先となっておりますのでよろしくお願いします。
*この会の活動は営利を目的とするものではなく、雑歩庵とこの会に参加される皆様による社会貢献活動を主旨としております。
本活動の主旨にご賛同いただけましたら、良質の映画作品をお楽しみいただくとともに、美化緑化チャリティへのご協力を頂ければ幸いです。

前回の「ブッシュ・ド・ノエル」は、フランス、パリのクリスマスのまちの様子が窺えました。
今回のシネマは、ブルックリンが舞台。
さて、どんな映画なのでしょうか。


お年玉

孫に送るのでと、一葉せんべいを買いにいらした方がいます。
実家に送るとか、友達に送るということで、一葉せんべいを
買いにいらっしゃる方がいます。
お年玉にするから年末来ます、という方もいました。
一葉せんべいをのし袋に入れて渡すのだそうです。
楽しい贈り物になるとよいのですが。

今日の本郷菊坂の空は曇り。
夕方からは雨模様です。
もうすでになんだか雨の匂いがしそうです。

「風邪ひいちゃって、気をつけてね」と話しかけていく界隈の人、
はい、気をつけます。
皆様も気を付けて下さい。
dekunobo



クリスマスイルミネーション

まちのえきと待合室は、クリスマス用のイルミネーションを
点けています。
夕方、日が暮れかかってから、夜、閉めるまでの間です。
夜間は消しています。
菊坂の町で夜通し点いているのは似合わない気がしています。

以前、北欧の方が、「どうして日本はこんなにイルミネーションだらけなの」と言っていました。
北欧は、冬は日照時間が短く、お昼過ぎ2時頃には暗くなります。
そういう環境下でイルミネーションが盛んになったけれど、
日本は日照時間は短くないでしょう・・・と言うのですが。

さて、皆さんはどう思いますか?
dekunobo

Appendix

プロフィール

dekunobo

Author:dekunobo
東京本郷菊坂
「山猫庵ラウンジ」は、一般社団法人東京動物環境支援協会のラウンジです。自主財源で運営し、公益的な活動をする拠点です。
本郷菊坂の路地、宮澤賢治や樋口一葉旧居跡近くにあります。

社会に動物環境福祉に関心を持つ機会になれば。
山猫庵での収益は、動物福祉、社会貢献に役立てています。皆様のご協力お願いいたします。企業の地域における社会貢献などご相談下さい。
パラレルキャリアとして経験を積みたい方、チャリティバザー物品等募集しています!
東京都文京区本郷4-33-11  
電話 03-3814-8728

最近の記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

11 | 2006/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。